徒然なるままに、日々の雑感を日誌に記録していきます。

Day94(7/12・日付変更線通過)

日付 2019年7月12日(金)
場所 日付変更線通過
天気 なし
気温 なし

日付変更線通過のため、この日は存在しない。

 

Day95(7/13・洋上)

日付 2019年7月13日(土)
場所 洋上(沖合)
天気 曇り
気温 10℃

終日航海日5日目。

サンプリンセスは千島列島のはるか沖合を南下中。明日は北海道の沖合か。空はどんよりと曇っており相変わらず風が強く寒い。

朝はいつものルーティン(ストレッチ・腹筋体操とラジオ体操)を済ませプロテインを飲む。

夕食はTさんご夫妻とジュノーでご一緒したKさんご夫婦、ジュニアスイートのTさんご夫婦と8名で5階マーキス・レストランで。

夜のショー

夜のショーはマイケル・クリスチャン・ドュランによるクラシック・ギター・コンサート。

時間調整

時計の針を1時間遅らせる。これで日本との時差は2時間に縮む。

Day96(7/14・洋上)

日付 2019年7月14日(日)
場所 洋上(千鳥列島沖合)
天気 晴れ
気温 14℃

終日航海日6日目。

サンプリンセスは千島列島はるか沖合を北海道沖に向け南下中。海の色が変わってきた。

北太平洋、ベーリング海の寒々しい灰色の海から、青い海に。気温が上昇しており暖かい。

朝はいつものルーティン(ストレッチ・腹筋体操とラジオ体操)を済ませプロテインを飲む。

下船についてのご案内

10時からは7階プリンセス・シアターで「横浜下船についてのご案内」に参加。僕たちはレッドの5番で、下船当日8時50分に5階中央マーキス・レストランに集合することになった。

ランチは14階ホライズンコートで。

教養講座

お昼は7階前方プリンセス・シアターでマリ・クリスティーヌさんによる教養講座「19世紀末に『80日間世界一周』に挑戦した女性たち」。ネリーブライの話。

19世紀末にアメリカの出版社が顧客獲得競争のため、女性を80日以内の最速で世界一周させるという企画があった。せっかくの面白い題材を発掘したのに、話の起承転結がはっきりしないため、残念ながら面白味があまり伝わらなかった。

7階プロムナードデッキ3周のワンマイル・ウォーキング。大気が緩んできており、風も穏やかで暖かい。

試写会(2回目)

14時からは7階後方ビスタラウンジで「BS朝日 世界の船旅 JTBワールドクルーズ予告編上映会」
1昨日と同じ内容で約25分間の予告編。
僕たちは
・冒頭の船内鏡割りショー
・リスボンのトラム
・メキシコ、カボ・サン・ルーカス

の3か所で顔を出しており、最多出演か。

夜のショー

夜のショーはプロダクションショー”ブラボー”

ソプラノ歌手が特別参加し、ショーが引き締まった。Queenや007シリーズの歌唱あり、クラシックのオペラありの多彩な構成で、最後は”time to say goodbye”で大いに盛り上がった。

今夜は第7回目のそして最後のフォーマルナイト。夕食は今航海で親しくなった京都のIご夫妻と。

時間調整

時計の針を1時間遅らせる。これで日本との時差は1時間に縮む。

Day97(7/15・洋上)

日付 2019年7月15日(月)
場所 洋上(日本沖合)
天気 晴れ
気温 16℃

終日航海日7日目。

サンプリンセスは既に日本東北地方のはるか沖合を南下中。いよいよ明日は横浜港。海の色は暑い夏の海に。右舷はるか遠くに日本が見えるはず。

最後のルーティン

朝はいつものルーティン(ストレッチ・腹筋体操とラジオ体操)を済ませる。ストレッチ・腹筋体操もいよいよ最終日を迎えた。

最後にお世話になったインストラクターのサクラ先生を囲んでの集合写真を撮った。

その後、部屋に戻ってシャワーを浴び、さっぱりしてから14階ホライズンコートでプロテインを飲む。

厨房見学ツアー

10時半からは厨房(お食事を作るギャレー)見学ツアーで5階中央マーキス・ダイニングルームに集合。巨大な厨房設備を見学する。

最終のパッキングをすべて完了。

ランチは6階リージェンシーレストランで。

スタッフ・乗客の皆様と別れの挨拶

ショップやレストランの店員や懇意になった乗客の方との最後のお別れを各所で行う。3か月以上にわたるロングクルーズならではの光景。

夕食前に宅配荷物(段ボール3箱、スーツケース3個、新たに大型バッグ1個)を部屋の外に出す。

昨晩の夕食時に京都のIご夫妻が静岡のHご夫妻と大変懇意だとわかり、僕たちもHご夫妻とは大変懇意だったため、あらためてHご夫妻を呼んでの3組のご夫婦に折る最後の晩餐をすることにした。大変楽しいひと時となる。

夜のショー”グランドフィナーレ・ショー”

最後の夜のショー、感動の超大作「グランドフィナーレ・ショー」へ。

サンプリンセス従業員一同舞台に上がり皆とのお別れ会。自慢のダンスや歌を披露してくれた。スクリーンショーで寄港地の思い出を振り返り感動のショーとなった。

98日間の思い出と感謝の念が胸をやさしく包み、自然と涙が溢れた。サンプリンセスありがとう!

時間調整

時計の針を1時間遅らせる。これで日本との時差がなくなる。

 

本日の内容は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!