徒然なるままに、日々の雑感を日誌に記録していきます。

Day88(7/6・洋上)

日付 2019年7月6日(土)
場所 洋上
天気 濃霧のち曇り
気温 19℃

サンプリンセスはアラスカ沿岸をカレッジフィヨルドに向けてさらに北上中。

高緯度につれ日照時間が延びる。今日の日の出は4時14分、日の入りは22時56分ほぼ19時間が昼間

気温がぐっと下がり風が強く寒い。

避難訓練

朝のいつものルーティン(ストレッチ・腹筋体操)を済ませ、プロテインを飲んでひと休みした後は、月に一度の乗客も参加する避難訓練で、10時に7階後方ビスタ・ラウンジ(僕たちの部屋の緊急避難場所)に集合。

点呼を受け、救命胴衣の使い方等をおさらい。

玉村豊雄氏の教養講座

10時45分からは7階前方プリンセス・シアターで玉村豊雄氏の2回目の教養講座「エッセイスト、画家、ワイナリーオーナーの玉村氏のライフスタイル」

彼のこれまでの半生記で示唆と刺激に富む楽しいお話だった。ほぼ満席の盛況ぶりに、昭和20年生まれの玉村氏は1時間たちっぱなしで、何も見ずに理路整然と面白おかしい話しぶりには脱帽。

ランチは「英国デー」で英国風ランチ。たまたま出くわした京都のIご夫妻と。

午後はゆっくり至福のお昼寝タイム。そしてこの日記を書いている。

それから、7階プロムナード・デッキで1マイル・ウォーキング。続いて6階リージェンシー・レストランでアフタヌーン・ティー。

夜のショー

夜のショーは中村仁樹×本間貴士~from桜men~「洋上に響く和の彩り」は10名のメンバーのうち尺八と琴の奏者の2名での演奏。

独特で幽玄な世界に徐々に引き込まれいくのが不思議。

4組8名での会食~楽しいひととき

夜は19時30分から14階ホライズンコートでかねてより約束のMご夫妻、Iご夫妻、Nご夫妻との4組8名での会食。楽しいひと時。

気が付いたら23時を回っていた。ワイン4.5本を空ける。

Day89(7/7・ウィッティア)

日付 2019年7月7日(日)
場所 ウィッティア
天気 晴れ
気温 25℃

日本は七夕。午前中はカレッジフィヨルドをシーニック・クルーズ。午後は最後の寄港地ウィッティア。僕たちはウィッティアではツアー「ボーテージ氷河クルーズとドライブ」(大人ひとり208米ドル)を申し込んでいる…。

ウィッティア観光詳細は以下の記事をご覧ください!

ウィッティア観光帰船~ワインの酒盛り

帰船後シャワーを浴びてすっきりした後、14階ホライズン・コートに行くと、Yご夫妻にお会いし、誘われるままにSご夫妻も参加し、期せずしてワインの酒盛り大会となり楽しいひと時を過ごした。

就寝は23時半過ぎ。この時刻でも太陽は完全に没しておらず、あたりはまだ明るい。

時間調整

時計の針を1時間遅らせる。これで日本との時差は18時間に。

Day90(7/8・洋上)

日付 2019年7月8日(月)
場所 洋上
天気 濃霧
気温 25℃

サンプリンセスは、北太平洋を日本に向け西進中

終日どんよりとした天気で風が強く肌寒い。

朝のルーティン(ストレッチ・腹筋体操)を済ませ、11時からはサクラ先生によるデモンストレーションが5階中央アトリウムにて開催。2足セットを348米ドルで購入した。

ランチの後は至福のお昼寝時間。やっと少しくつろげる時間が出来た。

その後、7階プロムナード・デッキで強風の中1マイルウォーキング(デッキ3周)。部屋に戻りこの日誌を書いている。

夜のショー2本立て

夕方早めの夕食の後は、18時半から7階前方プリンセスシアターで今夜のショー「川村友乃によるクラシックピアノコンサート」

続いて7階後方ビスタラウンジでプロダクションショー「カントリージャム」

時間調整

時計の針を1時間遅らせる。これで日本との時差は19時間に。

 

本日の内容は以上です。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!